プラステンアップの成分が中高生におすすめなワケは?徹底解説!

プラステンアップは、中高生の成長を応援する成長サプリです。人気No.1の理由は、栄養素が豊富、飲みやすい、続けやすいことがあげられます。

 

ですが、本当に中高生の成長を実感できる成分を含んでいるのか心配ですよね。

 

そこでプラステンアップの公式サイトにのっている全成分をもとにして、プラステンアップが中高生におすすめな理由を探ってみました。

 

プラステンアップはカルシウムの栄養機能食品である

プラステンアップは、身長を伸ばす医薬品でもなければ成長促進剤でもありません。

 

パッケージに書いてあるようにカルシウムの栄養機能食品です。

 

中高生の成長に最も必要な栄養素の1つがカルシウムです。プラステンアップのカルシウムの量は牛乳100mlに溶かした場合、1日に中高生が必要な量の78.5%を補う量です。

 

また、カルシウムを吸収するにはマグネシウムも必要です。プラステンアップには酸化マグネシウムも含まれています。

 

毎日の食事にプラステンアップをプラスすることで、十分なカルシウムを補えますね。

 

十分なアミノ酸をバランスよく配合

カルシウムの他に中高生に必要な栄養素はタンパク質。肉や魚、大豆に含まれるタンパク質はお腹の中でバラバラに分解されて、これ以上分解されないアミノ酸になって体内に吸収されます。

 

プラステンアップには、栄養理論に基づいて18種類のアミノ酸が体に吸収されやすいベストなバランスで配合されています。

 

成長ホルモンの分泌を促すマルチなアミノ酸がアルギニン。中高生にも注目の成分です。アルギニンも配合されています。

 

ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンEは100%以上

栄養素が十分、パワーを発揮するためにはビタミンやミネラルが必要です。

 

中高生に必要なビタミン類は1日の摂取量の100%以上を配合しています。

 

スーパーフードや注目成分、薬効成分も配合

スーパーフードとしては、栄養バランスや吸収効率の良さが有名なスピルリナが配合。中高生の野菜不足を補ってくれます。

 

いま注目の成分がαGPC。大豆から抽出されて母乳にも含まれる成分で、アスリートにも注目されている成長のための成分です。

 

薬効として沖縄で長く愛用されているのがクワンソウ。安眠効果があるといわれています。「寝る子は育つ」ための成分ですね。

 

吸収効率にも着目

たっぷりの栄養をとっても十分な吸収力がないと身につきません。プラステンアップの大きな特徴が吸収効率を考えて成分を決めているところ。

 

アミノ酸は分子構造が吸収しやすいL型を採用。スーパーフードのスピルリナは吸収効率が95%です。

 

ドーピング検査、セシウム分析、残留農薬、食品分析をクリア

厳しい国際基準をクリアしています。

 

プラステンアップ成分まとめ

栄養がたっぷり含まれていて吸収力への配慮もあって信頼できる食品工場で製造されているプラステンアップですが、注意してほしいのが乳成分、ゼラチン、大豆に食品アレルギーのある方。

 

原材料の一部に使用しています。コールセンターにかけて確認しみてください。

 

「もう少し身長がほしい」「まだまだ伸びてほしい」

 

こんな中高生のお子さんをお持ちの方は、公式サイトをご覧になって成分をチェックしてお試しされたらいかがですか。

 

 

>>プラステンアップの詳細はこちら