プラステンアップの効果的な飲み方は?水の量はどのくらいがベスト?

「人気のプラステンアップを買ったけれど、子供がずっと飲み続けてくれるか不安」

 

こんな悩みありますよね。

 

12歳からの成長を応援するサプリのプラステンアップは、好みがはっきりしている第2次成長期では飽きたり、飲まなくなったり、飲み方をいろいろ考えてあげないと飲み続けることが大変です。

 

飲ませるだけではなくて、親としてはできるだけ効果的な飲み方をして成長を少しでもバックアップしたい、という気持ちも強いです。

 

そこで、プラステンアップの基本の飲み方から、喜んで飲んでくれるような美味しくて効果的な飲み方を探ってみました。

 

基本の飲み方

まず、基本の飲み方としてプラステンアップの公式サイトでは

 

  • 同封のスプーン1杯を目安に水または牛乳に溶かして飲む(量は調節してもよい)
  • 3ヶ月から6ヶ月は継続して飲む
  • 飲むタイミングは決まっていない

 

となっています。

 

お子さんが喜んで飲んでくれるのは牛乳で溶かしたもの。プラステンアップのレモン味が苦手でも牛乳で溶かすとスッキリ飲めますよ。

 

プラステンアップの栄養価はプラステンアップ1回分(8g)+牛乳100mlを1日1杯分として換算しているので、牛乳の量は100mlを目安に溶かせばいいでしょう。

 

水の量は特に指定されていません。水はカロリーがないので、コップ1杯分としては180cc程度を目安にして調節すればいいです。

 

 

 

効果的な飲み方

お子さんがプラステンアップを継続して飲んでくれることで、個人差が大きい第2次成長期のジャストな時期に合わせることもできます。

 

継続して飲んでくれるにはどうすればいいか。美味しくて効果的な飲み方があれば、継続して飲んでくれるはずですよね。

 

そこで、参考になるものをあげてみました。

 

@体調などによって溶かすものを変える

溶かすのは水や牛乳だけではなく、炭酸水、ヨーグルト、100%リンゴジュースやオレンジジュースでも◎

 

炭酸水で溶かすと、レモン炭酸ジュースのようになって味の変化が楽しめます。ヨーグルトに混ぜるのも美味しいです。

 

プラステンアップのカロリーは、1日分(8g)あたり23.4kcalで脂質は0gとかなりの低カロリーなので(牛乳100mlに溶かしても約86kcal)カロリーを気にせずにいろいろなものに溶かせます。

 

A夕食後に飲む習慣をつける

飲み忘れしにくいのが食後ですし、寝ている間に成長ホルモンが出るので寝る前の夕食後に飲むのがベストタイミング。

 

B水の量を少なくする

水の量は決められていないので、コップ1杯分として180cc程度が基本です。水だと飽きちゃってという場合、意外に効果的なのが水の量を減らすこと。

 

プラステンアップはレモン味なので、水で溶かして部活の後などに飲むとスッキリする良さがあります。ただ、水の量が多いと薄まりすぎて、スッキリ感を感じられなくなって飲みづらくなることもあります。

 

お子さんが飲みやすい水の量をいろいろ試してみてください。

 

 

プラステンアップ効果的な飲み方まとめ

プラステンアップは、飲み続けることで12歳からの成長をサポートできます。効果的な飲み方とは、お子さんが飲み続けることができる飲み方でもあります。

 

継続購入している方が93.2%もいるのは、飲み続けられる飲み方をしているからですね。お子さんに合った飲み方があるから、プラステンアップの公式サイトでは、溶かす水の量や飲むタイミングをくわしく決めていないのです。

 

効果的な飲み方を参考に、お子さんに合った飲み方を探してみてください。

 

 

>>プラステンアップの詳細はこちら